ギーについて

ギーはミラクルオイル

イギリスTIME誌が「世界で最も健康的な食品50に認定」しており、「ミラクルオイル」とも言われています。

「ギー」は、「散らばった」というサンスクリット語の言葉に由来し、バターから乳固形分と水分を分離し乳脂肪作り出すことを意味します。ギーは35度以上の温度では黄金色の液体になり、冷えるとクリーム色の固形物になります。

このギーには多くのメリットがあります。ギーを食生活に取り込むことによって、より健康的な生活をお送りいただけます。

「ギーは、ココナツオイルとオリーブオイルの成分を理想的にいいとこ取り!」

欲しいオイルの栄養素が、高いバランスで含まれるギー。
これは、「乳=ミルク由来」だからこそ。
小さな生き物を大きくする為に必要なこと、それはバランスと網羅性です。
ミルクに備わる素晴らしい成分バランスは、ギーに勿論生きています。

・オリーブオイルの主成分はオレイン酸を含むオクタデセン酸(18:1)で、約70%。ギーもこの脂肪酸を約30%含んでいます。
(一般的に、オレイン酸は、抗酸化・アンチエイジング全般に効果的とされています)

・ココナツオイルの主成分は、ラウリン酸+ミスチリン酸+パルミチン酸(合計で約70%)。ギーもこれらを約40%含んでいます。
(一般的に、ラウリン酸・パルチミン酸は、免疫UPや美肌に効果的とされています)

■ ギーの成分について

1.ギーは共役リノール酸を含み、ダイエット・脂肪燃焼・がん予防・免疫UP・アレルギー等い効果があるとされています。

以下、「国立健康・栄養研究所」のHPより抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
共役リノール酸は共役ジエン構造を有するリノール酸の位置異性体および構造異性体の総称である。
反芻動物の胃内に存在する微生物により生成されることから、
一般の食品ではウシやヤギなどの食肉および乳・乳製品、家禽の食肉および卵が主な摂取源である。
また健康食品としては主に紅花油、大豆油などのリノール酸を多く含む植物油を異性化して工業的に合成されたものが用いられる。
俗に、「ダイエットによい」「脂肪を燃焼する」「がんを防ぐ」「免疫によい」「アレルギーによい」などと言われている。

(※)「データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁」と、同所のHPに記載されていますのでお気をつけ下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.豊富なビタミン

ギーは、ビタミンA、D、E、Kなどの健康な脂溶性ビタミンが豊富です。これらのビタミンは、骨や脳の健康を促進し、免疫システムを強化するために重要です。

3.消化を促進

ギーは繊維を酪酸に変換します。酪酸は腸内細菌に有益です。それはまた、食欲を増やし、より良い健康と体重減少を促進するのに役立ちます。

4.コレステロールを下げる

研究によると、ギーが血清と腸の両方でコレステロールを減らすことができることを示しています。Indian Timesによると、これは胆汁脂質の分泌の増加を誘発することによりコレステロールが減少するとのことです。

5.高い煙点

ギーの煙点は250度と他のほとんどすべての油より高いです。例えばバターの煙点は130度、オリーブオイルの煙点は150度です。油が煙点の温度を越えるととフリーラジカルが発生します。フリーラジカルは健康に有害である可能性があり、オイルが喫煙すると、常に呼吸すると人の呼吸器系に危険を及ぼすことがあります。

6.減量

グラスフェッド・バターでできたギーには、体重減少を助け、ガンと戦う脂肪酸コンジュゲートリノレン酸(CLA)が含まれています。

7.組織の潤滑と柔軟性の促進

ニューメキシコ州アルバカーキのアーユルヴェーディック・インスティテュート(Ayurvedic Institute)博士のVasant Lad博士によると、ギーは結合組織の潤滑と柔軟性の促進に役立ちます。

8.ラクトースフリー

乳固形分から作られているので、不純物が除去されているので、ラクトース(乳糖)不耐性の人々は通常、ギーを食べるのに問題はありません。ただし、使用する前に医師に相談してください。